教育費コンサルティング

子どもの教育費は、住宅購入費用、老後の生活費と並んで人生の3大支出と呼ばれています。高額なお金が必要になるため、子どもを持つ親は計画的に準備しておきたいものです。

しかし、「子どもの教育費にはいくらかかるのか」「塾や習い事に通わせたいが、お金のことが心配」「今の貯金のペースで必要な額を貯めることができるのか」など、気軽に人に相談できない悩みが多いですよね。

子どもの教育費は公立か私立か、文系か理系かなど、子どもの進学先によって変わるため、用意しておきたい額も家庭によって異なります。まずは必要な額を算出したあと、夫婦の世帯年収や住宅購入計画とあわせて考え、貯金計画を立てることが重要です。

貯金だけでは間に合わない場合は、奨学金や教育ローンを検討することも視野に入れ、十分な教育費を確保しておきましょう。

ラビッツの教育費コンサルティング

ラビッツでは、知識豊富な社内ファイナンシャル・プランナーが教育費の悩みに関してコンサルティングを行っています。

子どもの進学予定や兄弟の人数などに合わせて必要金額を算出し、世帯年収や貯金額、住宅購入予定などのライフプランを考慮しながら疑問にお答えします。

なかにはシングルマザーで子育てをしている方や離婚を考えているという方もいるでしょう。個別のケースに合わせてプランを提案させていただきますのでご安心ください。

学資保険や助成金、奨学金、教育ローンを検討している場合も、仕組みやおすすめの手段を分かりやすく説明させていただきます。

「このままで大丈夫だろうか?」と不安に思っている方は、ぜひ一度ご相談ください。

介護費コンサルティング

ご両親にはできるだけ長生きしてほしいものですが、介護が必要な状態になると介護サービスにかかる費用や福祉用具、住宅改修費など、思いのほかお金がかかります。

  • 「親の介護のために仕事を辞めることになったが、生活費は足りるのか」
  • 「公的介護保険を利用することになったが、よく分からない」
  • 「在宅介護か施設介護では、どちらが費用を抑えられるか」

など、初めての介護では分からないことがたくさんあるでしょう。

介護はいつまで続くのか先が見えづらく、公的制度も仕組みが複雑で一般の方にはなじみのないものばかりです。

そして、両親の介護費用だけではなく、自身の老後に備えて周囲に迷惑をかけないようお金を準備しておきたいと考えている方も多いです。

平均寿命が延びている現代だからこそ、介護費用は深刻な問題になっています。

ラビッツの介護費コンサルティング

介護費用について不安を抱えているけど、誰に相談したらいいか分からないという方は、ラビッツにお任せください。

社内ファイナンシャル・プランナーがお金に関する疑問にお答えします。

親の介護が始まると、準備や手続きなどで時間に追われたり、ライフスタイルが変わるなど心身ともに負担がかかります。

そこに介護費用や医療費などが加わると、ご家族だけでは解決できない悩みも増えるのではないでしょうか。

介護では高額介護サービス費や高額医療・高額介護合算療養費制度など、自己負担額が高額になってしまった場合に払い戻しが受けられる制度もあります。

ラビッツでは、個々のケースに応じて少しでも介護費用を軽減できるよう丁寧にサポートさせていただきます。

また、老後の資金準備について相談したい方もご遠慮なくご相談ください。

PAGE TOP